新しいCT装置が導入されました

2019年2月26日から新しいCT装置Aquilion ONE™ / GENESIS Editionの稼働が始まりました。

Deep Learningを用いた新たな画像再構成技術「AiCE」により、低線量撮影下でも空間分解能の向上や、大幅なノイズ低減効果が短時間で得られます。現在、腹部領域は全例「AiCE」を用いた撮影をしています。

新しい技術を用いて、これからも患者さんに安心していただける検査を目指します。

 

IMG_0817

医療英会話講習会が行われました

外国人患者さんの受け入れに伴い、講師の方をお招きして医療英会話講習会が行われました。IMG_0043講習会は4回行われ、レントゲン、CT、MRI、核医学検査、血管造影において実際の検査を想定してロールプレイなどの演習をしました。

体位や息止めの説明などは日本語でも的確に伝えることは難しいですが、英語における表現を学ぶことができ、大変勉強になりました。

同門会を開催しました!

毎年恒例の放射線部同門会が今年も開催されました!

968B0F46-6ADC-4DAF-9E6A-0686CFE4DB43

退職された、または他の道に進まれた先輩方との交流するこの会

は大変貴重な機会となりました。

RSNAに参加しました!

当院放射線部から2名、11月下旬に米・シカゴで開催された北米放射線学会(RSNA)に聴講、展示の見学のため参加しました。

RSNAは北米最大、放射線学会で、世界中から最新の技術や研究が多数集まります。

本学会にて、最近の放射線医学のトレンドを把握することができました。

DSC_00161

現地はもう冬景色で、雪が積もっていました。

DSC_00371

 

JSRT 近畿支部 学術大会に参加しました!

11月24日〜25日に開催された、日本放射線技術学会(JSRT)の

近畿支部 学術大会に参加しました。

 

当院からはCTの画像評価セッションにて金属アーチファクトに関する演題を発表しました。

本大会を通じて、活発な意見交換を行うことができました。

 

診療放射線技師学術大会に参加しました!

9月21日から23日にかけて、山口県の海峡メッセ下関にて開催された、

 

第34回日本診療放射線技師学術大会に参加しました。
IMG_2971IMG_2963

 

 

当院からは医療画像セッションで1演題、ポスター発表を行いました。

 

今回の学会も撮影技術や臨床をテーマとして、活発な議論が行われていました。

日本磁気共鳴医学会大会に参加しました

平成30年9月7日(金)から9日(日)にかけてホテル日航金沢/金沢市アートホールにて

第46回 日本磁気共鳴医学会大会(MRI学会)が開催されました。

本院放射線部から5名が参加し、口述発表4演題とイブニングセミナーの講演を行ってきました。

IMG_0529

この学会は、MRIに携わる全国の医師、研究者、診療放射線技師などが

一同に集まり、活発な議論が繰り広げられる活発な学会です。

 

今回のTopicは”Machine Learning/Deep Learning”といった機械学習技術が

どのようにMRI技術とコラボレーションしていくのかという

新しい方向性や未来の医療について議論もされていました。

平成30年7月豪雨における神戸大学病院DMAT活動報告

7月初旬に起きた豪雨災害で被災した岡山県南東部及び南西部に対し、兵庫県からの指示にて神戸大学病院よりDMAT(災害医療派遣)チームが派遣されました。

 

放射線部からも、職員1名がDMAT隊員として参加しました。

 

活動期間は7月9~11日の3日間、活動内容は、岡山大学病院災害拠点本部の本部活動、および倉敷保健所災害拠点本部から避難所アセスメントでした。

3日目本部1

また病院の被災によって、病院から避難所に退避した患者さんもいるとの情報を受け、避難所で診療や医薬品切れとなっている避難者のリストアップを行い、報告しました。

避難所

本活動により、医療ニーズの高い場所を把握することができました。他の医療チームに引継ぎを完了し、DMATとしてのミッションは終了しました。

 

このたびの豪雨に被災された方々へ心よりお見舞い申し上げます。

皆様の一日も早いご再建をお祈りいたします。